お店の強みを知ろう

  • 公開日:2013年8月19日

「ホームページを作っても、チラシを配っても効果がでない」それはきっと魅力を伝えていないからです。

あなたのお店の強みを見つける

「あなたのお店の強みはなんですか?」

この質問は私が毎回初回のコンサルティングのときに聞くことで、その場ではっきりと答えることができない人が想像以上に多いことにいつもびっくりします。
使い古された言葉に言い換えると「他店との差別化」とも言えると思いますが

「他店にいかずにわざわざあなたのお店に来て欲しい理由はなんですか?」

ということです。
もちろんなぜ来て欲しいかというと「儲けたいから」ということなのですが、それは完全に経営者側の都合でユーザー目線ではないですよね。
お客様はお店を儲けさせるためにそのお店にいくのではなく、他のお店よりもそこが良いとおもうから来るわけです。

そのお客様がなぜあなたのお店に来ているのか?きっとそこには他店にない魅力があるはずです。
その部分をあなた自身が知らないままではホームページを作ってもチラシを作っても効果は半減してしまいます。

時々、「どれだけ考えてもお店の強みが見つからないんです」と言われる人がいます。

でるならば恐らくどれだけ集客に力を入れてお金や時間をかけてもきっと売上げは上がりませんからこのサイトを見ても時間の無駄です。
待っていてもお客様が来る時代なんてとっくの昔に終わりました。

強みがないなら強みを作りましょう。

でも多くの場合は強みに気づいていない場合がありますのでココでは強みを見つけるための手順をお伝えします。

是非、強みが思いつかないと悩んでいる方は一度やってみて下さい。

お店の強みを知るためのフローチャート

頭の中でどれだけ考えてもお店の強みがなんなのか答えられない人は次の手順で考えるようにしてみて下さい。

[フローの手順図挿入]

1.スタッフ全員でお店の良い所を分野別に言い合う

経営者が一人で考えるよりスタッフみんな意見を出し合った方が自分が思っても見なかった特徴がでて来たりするものです。
その時にとりとめもなく話していてもなかなか意見が出て来ない場合が多いので3つ分野に分けて話してみましょう

設備面での特徴
→特徴的な設備や機械、内装など
メニュー面での特徴
→お客様に提供するサービスやメニューの特徴
スタッフ面での特徴
→スタッフの対応や技術、人に関するあらゆるもの

うまく議論が進まないときは
お店の強み、特徴を洗い出すフレームワークまとめ
をお試し下さい。

ポイントはとにかく数を出すことです。
「こんなの強みかな〜」って思ったことでもとりあえず書き出して行くことです。

2.お客様にストレートに聞いてみる

お客様にストレートに「なぜ、他のお店でなくうちのお店に来るんですか?」と聞いてみて下さい。
それもできれば遠くからわざわざ来られている人に聞くのが良いでしょう。
近くから来ている人の理由はいろいろ言われたとしても結論としては「近くだったから」ということになります。

遠くから来て頂いている人には何かしらの理由があるはずです。
そこには経営者やスタッフすらも気がつかない特徴が隠されているかもしれません。

3.その強みは競合他店にはないものなのか?

1と2で強みの候補がいろいろ洗い出されたら最後にその強みの候補にフィルタをかけます。

そのフィルタは

  • その強みは競合他店にないものなのか?
  • その強みにニーズは存在するのか?

競合店にないものか?

以前こんなことがありました。
ある治療院さんで強みが何か考えてもらったのですがそのとき

「ウォーターベッドがあることです」と言われ、

他店はウォーターベッドではなく、ローラーのベッドのことが多いんです。と言われたので、私が実際に近く
の治療院に調査しにいったところ、4つ競合店の4つともに「ウォーターベッド」があったのです。

他店はローラーベッドが多いというのはその人の単あるイメージ、もしくは治療院全体での割合でそう思っただけにすぎないのです。

いくら全国の治療院でウォーターベッドを導入しているところが2割り程度だったとしても、地域の競合店舗がすべて導入しているようでは
全く強みになりません。

次に

本当にニーズがあるのか?

自分が強みとおもっているだけでお客様には全く求められていないケースがあります。
例えば、まつげエクステのお店さんで強みが

「スタッフが元気でコミュニケーション能力が高くお客様を退屈させてない」

というお店があったのです、

実際にそのお店のスタッフさんは皆さんが元気で打ち合わせに行ってもよく話をしてくれるのですが、実際お客様に調査してみると多くの方が
施術中に話をされることを良いと思っていなかったのです。

まつげエクステは目をつぶって施術されますからお客様は気持ちよくなって眠たくなるわけです。
しかもそのお店は仕事帰りのOLさんが多かったため、疲れている上に次々と話しかけらると帰ってしんどく感じてしまう。
ゆっくり寝かして欲しいというのが多くのお客様の声だったのです。

このよう強みと思われている部分が実際には求められていなかったりする場合があり、これがいいんだとおもって行ってしまうことは非常に危険です。
ニーズは目に見えないものため判断は難しいとは思いますが、思い切ってお客様に匿名のアンケートで聞いてみるのが良いかもしれません。

どんなアンケートにすればよいかわからないという方は
お客様の本音がもらえるアンケートの作り方
参考にして下さい。

さて、あなたの院ではどんな強みが見つかりましたでしょうか?

続いてはあなたのマークすべき競合他社についてです。
競合店のことを知ろう

[課題]
お店の強みを3つ洗い出す

この記事に関係する記事

絶対に読んでおきたい集客本